読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若桜街道ビブリオバトル・読書会

鳥取市で開催している若桜街道ビブリオバトルと読書会のHP

第4回若桜街道ビブリオバトル in鳥取の結果

鳥取市で毎月開催している若桜街道ビブリオバトル。先日、第4回を開催したので、その結果を書こうと思います。


テーマは「かける」

f:id:bibliowakasak:20161123200924j:plain

チャンプ本は

「おっちゃんとおばちゃん」

満場一致で決定。人生をかけるという意味で、就活にちなんだフリーペーパー「おっちゃんとおばちゃん」。京都で配布されている18歳〜30代のための求人誌。大企業ではなく中小企業にお勤めのおっちゃんとおばちゃんにインタビュー。実は地元の会社も面白いことが分かる雑誌。鳥取にも欲しいなぁ。むしろ自分がインタビューしに行きたいって思いました。


他に紹介された本を左から

落下する夕方 (角川文庫)

落下する夕方 (角川文庫)

落下する夕方江國香織

電話をかけるシーンが印象的。映画化された小説。梨果は健吾と同棲していたけど、健吾が華子という女性が好きになって別れ健吾が出て行くことに。でも華子は健吾が好きではなく、なぜか梨果のうちに転がりこんで、一緒に暮らし始めるというお話。


海の底 (角川文庫)

海の底 (角川文庫)

「海の底」有川浩

主人公の弟の名前がカケルくん。町内会の子供たちが見学に訪れた自衛隊の横須賀基地で、海から巨大ザリガニが襲ってくるというSF小説。恋愛もあり、子供たちの成長もあり。「クジラの彼」にこの後日談が載っているそう。



銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

「銀二貫」高田郁

橋の上を走るシーンが印象的。大阪天満にある寒天問屋の主人が京都の寒天場に行った帰りに、仇討ちで父を亡くした少年を銀二貫で救います。この少年と寒天問屋の人達との関わり、恋愛もありますがとてもせつなくて。ハンカチ無しでは読めません。



第4回若桜街道ビブリオバトルはこんな感じでした!

次回は、12月7日(水)19:00〜鳥取市移住・交流ガーデンで。

テーマは「仕事」です。

よろしくお願いします。