読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若桜街道ビブリオバトル・読書会

鳥取市で開催している若桜街道ビブリオバトルと読書会のHP

11月読書会 in鳥取 の結果☆

鳥取市で読書会をしています♪

今回は11月の結果を報告します☆

f:id:bibliowakasak:20161223142036j:plain


まずは真ん中にある表紙のきれいなこちらの本から(≧∇≦)

夢みる葦笛

夢みる葦笛

  • 作者: 上田早夕里
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 単行本
SF小説の短編集。2011年に日本SF大賞を受賞されている女性作家さんの最新作。なんといっても表紙に惹かれました(*^^*)  繊細な色遣いがきれい!
最初のお話は本のタイトルの「夢みる葦笛」です。なんとイソギンチャクのお話。日常を題材にしているので、読んでいて引き込まれます。だから、とてもイメージしやすいです。みんなイソギンチャクになったら困るけど、読んでいたら、本当にありそうな感じがします。今ある世の中の問題を例えているように感じました。


風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)

風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 青木祐子,cake
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/04/17
  • メディア: 文庫

この小説も表紙に惹かれました。カラフルでかわいい(*^^*) タイトルがお風呂ソムリエ!お風呂を題材にした小説は珍しいので、始め入浴剤の解説本かと思いました。
主人公は入浴剤の会社に、受付で派遣社員として働き始めたゆいみ。お風呂が大好きで決めた会社。住む場所も近くにいい銭湯があるところ。その銭湯で、入浴剤開発室の美月と出会う。そして、ゆいみが、突然、入浴剤開発室のモニターに抜擢!そこから美月の開発を手伝うことに。
開発室のお風呂が並んでいるところが見てみたいです。お風呂がいいなって思えるお話です。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

読書会の前週、久しぶりに友達から帰ってきた本です。貸したのが一年前以上で、貸したことすら覚えていないという…(^^;;
この本はあのホリエモンの本です。ホリエモンが、捕まって刑期を終えてから出版した本になります。
「ゼロ」を読む前と読んだ後では、ホリエモンのイメージが一変しました。思っていた以上にとてもとても努力家でした。ゼロにイチを足すこと。すぐかけ算をしたくなるけど、ゼロにイチを足していくことが大事なんだと確認する本です。