読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若桜街道ビブリオバトル・読書会

鳥取市で開催している若桜街道ビブリオバトルと読書会のHP

昨日の結果! 第九回若桜街道ビブリオバトル☆

今日は若桜街道ビブリオバトルでした(*^^*)

初めての人名のテーマ。難しくて発表者も少なかったけど、観戦者も多くて感想タイムが盛り上がりました!


f:id:bibliowakasak:20170510224514j:plain

Wチャンプ☆

お伽草子 カチカチ山」

「盲人独笑」


お伽草紙 (新潮文庫)

お伽草子  カチカチ山」

カチカチ山。そう小さいときに誰もが聞いたことある昔話のカチカチ山を題材に書かれた短編。「兎は少女、そして狸はその兎の少女を恋している醜男」と始まり、太宰治らしい話の運び方。終わり方も太宰治らしい。どうやって終わるかって?それは読んでのお楽しみ♪


同じ短編集「お伽草子」の最初の短編

「盲人独笑」

江戸時代の盲人の琴奏者、葛原勾当の日記についてのお話。最初の半分は、太宰治がどうやってその方の日記を知ったのかの説明やどういう人なのかを解説。後半は、葛原勾当の日記を。この日記が良かった!日記が和歌のよう。音がきれいで、声にだしたくなります。



アスピリンの恋―太宰治 [iz ART BOOKS]

アスピリンの恋に収録されている

「駆け込み訴え」

アスピリンの恋。本当に短編集のタイトルがぴったりくるお話。キリストに対してユダがしたことが、これを読んだらわかる!納得できます!!そしてこの短編集は、装丁がきれい〜 より物語に入り込みやすいのでおススメです。



感想タイムでは、上のお話以外に皆さんが読まれた本の話をシェアしてくださいました!走れメロス人間失格ヴィヨンの妻、晩年など。

また太宰治を読むきっかけや

いっぱい読んでいる方から太宰治の特徴や初心者向けのお話は何かなど。


おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました!

ご参加いただいた皆さんありがとうございました(≧∇≦)


次回は6月7日(水) 19:00〜

テーマ「思い出の1冊」

ご参加お待ちしています*\(^o^)/*