若桜街道ビブリオバトル・読書会

鳥取市で開催している若桜街道ビブリオバトルと読書会のHP

第5回若桜街道ビブリオバトル in鳥取

第5回若桜街道ビブリオバトルを開催しました。残念なことに、いつも来てくださる方々がお休みで、若桜街道ビブリオバトル開催史上、最大のピンチを迎えました(/ _ ; )

でも一人参加者が(≧∇≦) 学生さんでした。たまたま夕方に通りかかり、会場のコンシェルジェさんとお知り合いというのもあり、来てくれたそうです*\(^o^)/* 


3人で話始めたら、面白くて、急遽トーク会になりました♪


あ、でも今読んでいる本を紹介してくれましたよ☆

アドラー流 たった1分で伝わる言い方

アドラー流 たった1分で伝わる言い方

  • 作者: 戸田久実,岩井俊憲
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
きっかけは、「嫌われる勇気」を読んだことだそうです。その日、「幸せになる勇気」を買おうとしたら本屋さんに売っていなかったそうです。人気ですね〜

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 作者: 岸見一郎,古賀史健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

  • 作者: 岸見一郎,古賀史健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

私も「嫌われる勇気」を読んで良かったので、岸見さんの講演会行きました!でも「幸せになる勇気」はまだ読んでなかったので、読みたいなって改めて思いました(*^^*)
今度、岸見さんが鳥取に来られるみたいですしね。

私が発表しようと思った本は
そうだ、葉っぱを売ろう!  過疎の町、どん底からの再生

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生

徳島県上勝町中山間地域の過疎の町がどう復活したのかというお話。以前から読んでみたかったのに、読んでいなかったのですが、先日、図書館で遭遇。思わず借りました!

読みやすくて、すぐ読んじゃいました。横石さんの町を良くしようという情熱がすごくて、自分のことより人を大事にし、人が良くなることを自分のことのように喜べる素敵な人だと思いました。しかも横石さんを支えた奥さんも素敵過ぎます。

そして仕事って、人を元気にするなぁって思いました。私自身、仕事をすることが社会に役立っていると実感できて、メンタル面でも安定するので、経済的な面だけではなく、仕事があるのって大事だなって思います。



明日はビブリオバトル in 鳥取(*^^*)

鳥取市ビブリオバトルを開催しています(^-^)/

明日は、第5回ビブリオバトルです。

f:id:bibliowakasak:20161206204308j:plain

テーマは「仕事」

小説なら登場人物のだれかが、仕事していたら大丈夫♪ 家事も仕事だし、子供なら遊びが仕事だったり。もちろんビジネス書も大歓迎。紹介したい人募集です。

聞きたい人(観戦したい人)も募集中です。

お待ちしています(*^^*)


詳細

日時:2016年12月7日(水) 19:00〜21:00  

場所:鳥取市移住・交流情報ガーデン

              鳥取駅から若桜街道沿いに県庁側に徒歩5分

参加費:500円(ドリンク・お菓子つき)


よろしくお願いします!

ビブリオ通信 第3号☆

f:id:bibliowakasak:20161204164000j:plain

ビブリオ通信 第3号できました!


今回は、第4回若桜街道ビブリオバトルの結果とコラボして頂いたビブリオバトル inいこまさんの結果、そして先日の読書会の本について書いています。


12月7日、今度の水曜日にビブリオバトルを開催する時に配布します。

見所は、ビブリオバトルで同じテーマなのに、バラエティ豊かな本が載っているとこ。テーマ「かける」で10冊。知らない本ばかりでした。どの意味の「かける」か考えながら読むのも楽しいかも。


次回のビブリオバトル

日時:12月7日(水) 19:00〜21:00

場所:鳥取移住・交流情報ガーデン

           駅から若桜街道沿いに歩いて5分。

参加費:500円(ドリンク・お菓子つき)

10月読書会in鳥取 の結果

鳥取市で読書会をしています。先日、11月の読書会をしましたが、先に10月の読書会の報告をします☆

10月の読書会in鳥取 を10月26日 19:00〜 ホンバコさんで開催しました。


f:id:bibliowakasak:20161129124626j:plain


上の本から紹介します。

少ない物ですっきり暮らす (正しく暮らすシリーズ)

少ない物ですっきり暮らす (正しく暮らすシリーズ)

  • 作者: やまぐちせいこ
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ともう一冊

簡単に暮らせ

簡単に暮らせ

  • 作者: ちゃくま
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今話題のミニマリストから2冊。
最初の本の写真が衝撃的です。ホテル??って思うほど、とてもきれいです。モノが多くて捨てられない私としては、羨ましい限りです。
お二人とも人気のブロガーさんで、お子さんがいらっしゃる主婦の方。前者のやまぐちさんは、夫と子供2人の4人暮らし。後者のちゃくまさんは、夫と大学生の息子の3人暮らし。
同じモノでも、お二人では考え方が違うこともあります。減らすことが目的ではなくて、減らすことによってどういう暮らしをするのかが大事なんだなって思いました。

窓の魚

窓の魚

  • 作者: 西加奈子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本
西加奈子さん⁉︎え!こんな小説も書くんだ!って思って驚きました。表紙からイメージが違うし、言葉があのちょっときつい関西弁でなくて。小説の流れも意表つかれました。同じ出来事を章ごとに、登場人物のそれぞれの視点からのお話になります。同じ出来事なのにかみ合うような、かみ合わないような。謎が残るのが、気になります。

ストレスも食事で改善できるんだ!というとこに惹かれました。著者はお医者さんで、新宿溝口クリニックの院長さん。脳には、甘いものはダメらしい。最近よく聞く、糖質制限のことも。どういう食べ方をしたらいいのか教えてくれる本。

大富豪アニキの教え

大富豪アニキの教え

  • 作者: 兄貴(丸尾孝俊)
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: 単行本
この本を読んだきっかけが、兄貴に会いに行って弟子入りしたらクロイワ・ショウさんの講演。「神様はバリにいる」で映画化。物語なので、自己啓発本と構えずにサクッと読めるのもありがたい。とても印象的だったのが、自分からまず“与える”ということでした。

明日は読書会☆

鳥取市で、読書会を開催しています。


明日は読書会です♪ 

11月30日(水) 19:00〜 ホンバコさんにて


読書会の仕方

1 本を1〜2冊持ち寄ります。

2 最初に簡単に本を紹介します。

3 それぞれ持ってきた本を10分ごと読んでいきます。


持ってきてくれた方がその本について紹介してくれるので、読んだことない本や苦手だなって思った本でも短時間なるので読んでみたくなります。自分がいつも選ばない本との出会いが、楽しみです。読書会の後にその本を買ったり、借りたりして読むこともしばしば。


お待ちしています☆



広告を非表示にする

第5回若桜街道ビブリオバトル in鳥取のご案内

f:id:bibliowakasak:20161124223959j:plain

12月はいつも通り水曜日の夜にします。

今回のテーマは「仕事」

テーマの由来は、前回のチャンプ本「おっちゃんとおばちゃん」が求人誌というところから。


「仕事」というと何が思い浮かびますか?

職業、就活、転職、天職、バイト、職場、上司、同僚、辛さ、やりがい、達成感… 家事も仕事かな?子供なら遊びも⁉︎ 

何かしら仕事に関係していたら大丈夫です。

ぜひ本を紹介してみませんか?もちろん聞きたい人もお待ちしています。


第5回若桜街道ビブリオバトルの詳細

日時:12月7日 (水)  19:00〜21:00 開場18:45

場所:鳥取市移住・交流情報ガーデン

              鳥取駅を若桜街道沿いに歩いて5分

参加費:500円 (ドリンク・お菓子付き)



第4回若桜街道ビブリオバトル in鳥取の結果

鳥取市で毎月開催している若桜街道ビブリオバトル。先日、第4回を開催したので、その結果を書こうと思います。


テーマは「かける」

f:id:bibliowakasak:20161123200924j:plain

チャンプ本は

「おっちゃんとおばちゃん」

満場一致で決定。人生をかけるという意味で、就活にちなんだフリーペーパー「おっちゃんとおばちゃん」。京都で配布されている18歳〜30代のための求人誌。大企業ではなく中小企業にお勤めのおっちゃんとおばちゃんにインタビュー。実は地元の会社も面白いことが分かる雑誌。鳥取にも欲しいなぁ。むしろ自分がインタビューしに行きたいって思いました。


他に紹介された本を左から

落下する夕方 (角川文庫)

落下する夕方 (角川文庫)

落下する夕方江國香織

電話をかけるシーンが印象的。映画化された小説。梨果は健吾と同棲していたけど、健吾が華子という女性が好きになって別れ健吾が出て行くことに。でも華子は健吾が好きではなく、なぜか梨果のうちに転がりこんで、一緒に暮らし始めるというお話。


海の底 (角川文庫)

海の底 (角川文庫)

「海の底」有川浩

主人公の弟の名前がカケルくん。町内会の子供たちが見学に訪れた自衛隊の横須賀基地で、海から巨大ザリガニが襲ってくるというSF小説。恋愛もあり、子供たちの成長もあり。「クジラの彼」にこの後日談が載っているそう。



銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

「銀二貫」高田郁

橋の上を走るシーンが印象的。大阪天満にある寒天問屋の主人が京都の寒天場に行った帰りに、仇討ちで父を亡くした少年を銀二貫で救います。この少年と寒天問屋の人達との関わり、恋愛もありますがとてもせつなくて。ハンカチ無しでは読めません。



第4回若桜街道ビブリオバトルはこんな感じでした!

次回は、12月7日(水)19:00〜鳥取市移住・交流ガーデンで。

テーマは「仕事」です。

よろしくお願いします。